薬剤師の転職事情など最新情報をお届けしています

薬剤師求人.com > 薬剤師転職の現状について

薬剤師転職の現状とは

薬剤時の転職事情とは?

 薬剤師という職業は、出産、子育てで一度離職した女性が職場復帰するにも、病気などで職を辞した方が再就職するのにも、とても需要が多い仕事です。しかし、2012年頃から、ある懸念が囁かれています。それは、薬剤師求人の数が減るなどという問題ではなく、薬剤師に求められる質が格段に上がっていくのではないかという懸念です。薬剤師の現状として日本の薬学部は、4年生から6年制になりました。6年制の薬学部では、最新の薬の知識を得ることはもちろんですが、4年制では時間が足りず、訓練が不十分だった薬学実務実習を受けることができるのです。つまり、6年制の薬学部の卒業生は、調剤の技術のスキルも高く、就職してから短期間で、戦力になれる人材だということになります。これは、薬剤師の求人に応募する場合、一反離職している方、即ち知識や技術が若干不足しがちな方は不利になるかもしれない可能性があるということです。

 薬剤師求人サイトを使う方法として、そんな自分の力に自信が持てない薬剤師の方に、おススメの就職活動がございます。それは、薬剤師求人専門サイトを利用することです。なぜならば、これらのサイトはいくつも種類がありますが、そのほとんどがキャリアコンサルタントいう求職者に色々なメリットを与えてくれる方がついてくれるサービスがあるからです。では具体的にどんな長所があるのでしょうか。

 担当のキャリアコンサルタントがまず、求職者のキャリアや事情を踏まえた上で、その方に一番合う職場の求人を紹介してくれることです。キャリアコンサルタントは、応募する企業の内情まで把握していることが多いので、お互いの事情を鑑みてマッチングしてくださるので、とても頼りになります。中には、経験の少ない人の方が育て甲斐があるという就職先もありますから、諦めないでくださいね。そして、就業条件の交渉や面接などの日程調整までしてくれるのは勿論の事、面接まで同行してくれることもあります。調剤の知識や技術に自信がありませんと、面接でも委縮しがちですが、キャリアコンサルタントが求職者の良い面を上手にアピールしてくれますので、とても心強いですよ。子育てで離職した方は、母親とお子さんの気持ちが、病気などで離職した方は、苦しい患者様の気持ちがよくお分かりになると思います。そんな方にこそ、薬剤師として活躍して頂きたいので、是非とも薬剤師求人サイトを利用してみてください。